ホーム脳ドック

昨日まで元気に活躍されていた方が、突然半身麻痺になったり亡くなられたりする脳卒中は本当に恐ろしい病気です。

しかし、一見、とうとつに起こったかのように見える脳のトラブルも、実はその背景に破裂寸前の脳動脈瘤(血管のコブ)や、 詰まる寸前の脳血管狭窄(狭くなったところ)をかかえていたり、知らないだけでこれまでに何回も小さい脳梗塞や脳出血を 起こしていたりすることがあるものなのです。

脳ドックは、これらの危険な状況を前もって見つけ出し、治療や予防に結びつけていくものです。

小さい動脈瘤や年齢相応の無症候性脳梗塞(症状を出さない小さい脳梗塞)は治療の対象とはなりませんが、その発見は今後の リスク管理に役立ちます。また、脳腫瘍も症状が出る前に見つかれば、自分の状況にあわせて治療方針を選択することができます。

自分の健康を自分が守るために、リスク管理の手助けをするのが脳ドックなのです。



「しあわせな未来を、安心して見つめたい」そんな願いをかなえるために・・・
←クリックするとクリニック内部の案内が始まります。

 

スタッフ一同、みなさまのご来院を心よりお待ち申し上げます。