内視鏡

上部消化管内視鏡検査について
感染対策について
最後に・・・

上部消化管内視鏡検査について

上部消化管とは、食道・胃・十二指腸を指し、胃痛・胸焼け・貧血などの原因を調べます。
当院では口からスコープを入れる、『経口内視鏡検査』になります。
拡大内視鏡やNBIの機能も付いています。画像も鮮明です。
※経鼻内視鏡は行っておりません。
ご希望の方には鎮静剤を使用し負担の少ない検査が出来ます。

内視鏡

検査前の注意事項

1) 絶食での検査となりますので、ご夕食は前日21時までにお済ませください。
※21時以降は、お水かお茶のみ飲水できます。牛乳・ジュース・コーヒーなどは不可となりますのでご注意ください。
2) 検査が終了するまでお食事はできません。
3) 普段飲んでいる薬(高血圧・心臓病の薬など)は、検査時間の2時間前までに内服をしてください。
※但し、食事が出来ませんので糖尿病薬は内服禁止となります。
4) 当日、鎮静剤をご希望される方は、車・バイク・自転車でのご来院はおやめください。
5) ご高齢の方は、なるべくお付添いの方とご来院をお願いいたします。
6) 血液をサラサラにする薬を内服している場合、生検が出来ない場合が稀にあります。
※当クリニックでは基本的に抗凝固・抗血栓剤は継続したまま検査を行っています。

検査の流れ

1) 前処置
 1 胃の泡を消す薬の内服 :コップ1杯ほどの甘みのある薬をお飲み頂きます。
 2 喉の部分麻酔 :ゼリー状の麻酔薬を喉の奥に5分間溜めます。
   ※やや苦い味です。万一、溜めておくことが出来ず飲んでしまっても体に害はありません。
 3 点滴ルートの確保・鎮静剤の投与 :鎮静剤はご希望の方のみに行います。
 4 胃の動きを抑制する筋肉注射 :医師の指示で行う場合があります。
 5 スプレーによる喉の部分麻酔の追加 :医師の判断で追加する場合があります。

2) スコープの挿入
 ・観察    :症状の原因が何かを見ていきます。
 ・生検    :医師の判断により病変組織を摘み顕微鏡検査に出します。
 ・色素撒布 :青色の組織を撒くことで、観察対象の表面の凹凸が明瞭になり、病変が目立つようになります。
 ・NBI     :狭帯域光観察といい、粘膜の微細な表面構造や毛細血管をくっきりと写し出します。
         がんは周囲の粘膜とは表面の構造、毛細血管が違っているので「がん」が浮かび上がって見えてきます。
         NBIによりこれまで通常の観察で見逃されていたような、小さながんも見つけることができます。

通常画像 NBI画像
(注:この画像は癌ではありません)

3) 結果説明:検査後、画像をご覧いただきながら説明をいたします。
  ※鎮静剤を使用された方は、ベッドで約1時間休憩後、結果説明になります。
   但し、生検した病変組織についての結果は1週間~2週間程かかりますので、後日の結果説明となります。

◎スコープを入れている時間は約10分前後です。前処置から約30分で検査終了となります。

検査後の注意点

1) 検査約1時間後からのご飲食可能となります。当日、飲食可能時間をお伝えいたします。
2) 生検をした際は、当日のお食事にて刺激物・アルコールの摂取は避けていただきます。
3) 抗凝固剤・抗血栓剤を服用している方は生検後に『腹痛・吐き気・黒い便が出る』場合があります。
4) 検査中、空気を胃に送り込みますのでお腹の張りやガスが出やすくなる場合があります。
5) 色素を使用した方は、排泄物が青くなる場合があります。


感染対策について

当院でも、ガイドラインに沿って洗浄や消毒を行っています。
また、感染対策として基本的な考え方であり、感染経路を遮断することが効果的な
『スタンダードプリコーション』(標準予防策)で対応をしています。
その内容は、「創のある皮膚、粘膜、全ての血液・体液・分泌物(但し汗は除く)、排泄物には感染性があるものとして取り扱う。
そしてこの基準は感染状態に関係なく、全ての患者に適用される。」
というものです。

使用した内視鏡は、①ベッドサイド洗浄  ②予備洗浄  ③機械洗浄  この3段階の工程を経て、次の検査に使用していく流れとなります。 もちろん、検査前に洗浄機に不具合がないか・機能チェックや、消毒薬の濃度チェックも欠かさず行っています。

最後に・・・

当クリニックでは、医師・消化器内視鏡技師の専門資格を有する看護師を先頭に検査を行っております。
初めて検査される方は不安なことと思います。初めてでない方も、苦しい検査だと感じている方が大半かと思います。
個人差も大きく影響いたしますが、ご負担のかからないよう、また安全に検査を受けていただけるよう務めております。
どうぞご安心して検査にご来院ください。

月曜担当医 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本食道学会食道科認定医
         食道外科専門医
日本胸部外科学会認定医
火曜担当医 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
木曜担当医 日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
看護師 日本消化器内視鏡学会
消化器内視鏡技師

ご不明な点がございましたら、お気軽に当クリニックまでお問い合わせください。