ECHO

エコー(超音波)検査とは

エコー(超音波)検査とは、超音波を当てて、その反射を映像化することで体の内部の状態を調べる検査です。
超音波とは音の一種で、耳で聞こえる音(可聴音)より高い周波数の音のことをいいます。
超音波は診断に用いる強さでは人体に無害であり、検査では痛みもありませんので、どなたでも安心してお受けいただける検査です。

エコー検査では、お腹の中の臓器や心臓、血管・甲状腺などの検査ができます。
骨や空気の中を通ることはできませんので、骨そのものや骨に囲まれた脳、肺の病気の診断には向きません。


心エコー 拍動している心臓をそのままリアルタイムで観察できます。心室や心房の大きさや壁の厚さ、逆流を防ぐための弁の状態、心臓の壁の動きなどが分かります。さらにドプラー法により心臓の中の血流を映し出したり、圧力を推測することもできます。
心肥大、心筋症、各種弁膜症、心拡大、心筋梗塞、先天性心疾患、肺高血圧などを発見することができます。
頚動脈エコー 血管内の形状や血管内・血管壁の状態を画像として観察できます。肥厚した血管内膜の大きさを計測したり、ドプラー法により血流の速さを計測できます。
生活習慣病や脳梗塞、心筋梗塞などの原因となる動脈硬化の早期発見が可能です。
腹部エコー 肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓など、お腹のなかにある臓器の石灰化・のう胞・結石・ポリープ・腫瘍などの病変を捉えることができます。
下肢血管エコー 下肢動脈エコーでは動脈の狭窄や閉塞がないか、
下肢静脈エコーでは静脈内に血栓ができていないか、また静脈瘤の部位や程度を調べることができます。

エコー検査の注意点

検査部位により飲食・排尿の制限がございます。
腹部の検査の場合、午前の検査では朝食を、午後の検査では昼食を控えていただき、検査2時間まえより排尿をお控え下さい。
腹部検査以外の検査部位の場合は、飲食・排尿の制限はございません。
超音波は深いところまでは到達しにくいので、体の大きい方・脂肪の多い方は見えにくいことがあります。

エコー検査料金について(2011/09/20現在)

健康保険によるエコー検査料金は以下になります。
検査 検査料金総額 負担割合1割 負担割合3割
心エコー 8,800円 880円 2,640円
胸腹部エコー 5,300円 530円 1,590円
甲状腺エコー 3,500円 350円 1,050円
その他のエコー 5,500円 550円 1,650円
パルスドプラー法による加算 2,000円 200円 600円