画像検査(インデックス)

画像検査

当院には、"頭痛やめまいがする"、"頭をぶつけた"、"物忘れが気になる"など、 頭に関して、いろいろな不安をお持ちの方々が来院されます。
その原因はさまざまで、精神的なものから、頭の中に出血や腫瘍ができている場合まで、数多く存在します。
また、当院においては、出来るだけ来院いただいた当日に結果を出し、治療を行うという方針をとっています。そのためには頭の中の様子を、できるだけ早く正確に知る必要があります。

そのために必要な装置、それが、"CT"や"MRI"です。
ヘリカルCT
MRI

CTとは

CTというのは、X線、いわゆるレントゲンを使って、頭の輪切りの写真を撮る装置です
検査自体は、5分程度寝ているだけで終わります。この検査をおこなうことによって、外からは見えない頭の中の様子(頭蓋骨、頭の中の出血(脳内出血やくも膜下出血)など)が良く分かります。
正常CT
脳内出血
くも膜下出血

当院では大抵の場合、最初に行う検査で、症状により頭や首のX線写真と合わせて診断することが多いです。
また、最近ではCT画像から立体合成をおこなって、よりいっそう治療を適確におこなうことが出来るようになりました。

○頬骨弓骨折3D

正面

正常側

頬骨弓骨折

MRIとは

これは"CT"とは異なり、"磁石の力"を使って頭の輪切りを撮る装置です。 MRIでは、検査時間は30分程度とCTに比べると長くかかりますが、CTではわかりにくい情報を得ることができます。
たとえば
①脳の血管の状態(細かったり(血管狭窄)、動脈瘤(脳動脈瘤)が出来ていたり・・・)がわかる。 血管狭窄
脳動脈瘤
②症状の無い脳梗塞(無症候性脳梗塞)の様子などが良くわかる。 無症候性脳梗塞
③脳の下のほうや脊髄の中など、CTでは見えにくいところが良くわかる。 頚椎椎間板ヘルニア

などです。 では、MRIの方が優れているから、何でもMRIでやればいいか?というとそういうわけではありません。"CT"と"MRI"は一長一短で、その時々により、良いほうを選択する必要があります。 頭に関しては、頭の専門家に見てもらうのが一番です。何らかの症状の有る方は一度ご相談ください。
また、当院では、付属のRDクリニックでMRIを使って、脳みそや頭の血管を調べる脳の健康診断、 "脳ドック"をおこなっています。病院にかかるほどではないけど、"脳梗塞などの頭の病気がちょっと心配"な方はどうぞこちら(脳ドックへ)をごらんください。