検体検査・生理検査


検体検査

生化学

名称 説明と関係する病気
TP
(総蛋白)
主栄養の一つとして細胞の生命現象に必要な役割を担っています。栄養状態の指標になります。
数値が高いと...脱水、膠原病、多発性骨髄腫など
数値が低いと...栄養摂取不足、吸収障害、ネフローゼ症候群、重症肝障害、火傷など
ALB
(アルブミン)
総蛋白の約60%を占める成分で、肝臓で合成されます。栄養状態や肝機能の指標になります。
数値が低いと...栄養障害、吸収障害、重症肝障害、ネフローゼ症候群、火傷、浮腫など
T-Bil
(総ビリルビン)
主にヘモグロビンが処理されて生成する色素です。生成された間接ビリルビンはアルブミンと結合し、肝臓で直接ビリルビンとなって胆汁中に排泄されます。肝・胆道疾患の診断や黄疸の鑑別に用いられます。
直接ビリルビンが増えると...肝炎、肝硬変、閉塞性黄疸など
間接ビリルビンが増えると...溶血性疾患、悪性貧血、新生児黄疸など
AST・ALT ほとんどの臓器組織細胞中に分布し、肝胆道系疾患・心疾患・筋疾患・溶血性疾患などの程度・経過観察に用いられます。ALTはASTに比べて肝障害に特異性が高いです。
ASTが高いと...急性心筋梗塞、急性肝炎、その他の筋疾患
ALTが高いと...急性肝炎
ALP
(アルカリフォスファターゼ)
肝臓・骨・胎盤・小腸に由来し、肝胆道系疾患・骨新生の状態・胎盤機能の状態などを知ることができます。
数値が高いと...骨疾患(クル病・骨肉腫・がんの骨転移)、肝胆道疾患(閉塞性黄疸・肝がん・胆管炎)
数値が低いと...壊血病、クレチン症など
LDH 全ての細胞に存在し、特に心筋・肝臓・骨格筋・腎臓に多く分布しています。生体内いずれかの組織、臓器の損傷を意味します。
数値が高いと...心筋梗塞、悪性腫瘍、肺疾患、溶血性疾患、筋ジストロフィーなど
γ-GTP 細胞膜に強く結合した内在性の糖蛋白で、腎臓に最も多く、ついで膵臓、肝臓などに存在します。主として肝胆道系疾患を特異的に反映します。
数値が高いと...長期にわたる飲酒、閉塞性黄疸、肝硬変、肝がんなど
ChE
(コリンエステラーゼ)
大部分が肝臓で合成されるため、肝予備能を測定するのに用いられます。また、全身の栄養状態を知るためにも用いられます。
数値が高いと...脂肪肝、ネフローゼ症候群など
数値が低いと...肝疾患、有機リン酸中毒、栄養状態低下など
CK
(CPK)
筋肉の収縮弛緩に必要なエネルギーの補給の役割を果たしています。骨格筋・脳・心筋に多く含まれています。
数値が高いと...急性心筋梗塞、心筋炎、筋ジストロフィー、激しい運動後など
AMY
(アミラーゼ)
唾液腺、膵臓などから分泌され、炭水化物の消化酵素としての働きを持ちます。
数値が高いと...急性膵炎、膵がん、胆道疾患の膵臓への影響、腸閉塞、唾液腺炎、卵巣・卵管疾患、腎不全など
T-cho
(総コレステロール)
腸管からの食事の吸収、肝臓での合成、胆道からの排泄との間にバランスが保たれ、血液中には30%が遊離型、70%がエステル型として存在しています。
数値が高いと...家族性高コレステロール血症、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、動脈硬化など
数値が低いと...無あるいは低リポ蛋白血症、甲状腺機能亢進症、肝硬変、重症肝炎など
HDL-cho
(HDLコレステロール)
HDL(高比重リポ蛋白)は、LDL(低比重リポ蛋白)が細胞内に入るのを防ぎ、コレステロールの沈着や蓄積を抑え、抗動脈硬化作用を発揮しています。
数値が低いと...虚血性血管障害、高脂血症、肥満、糖尿病など
TG
(中性脂肪)
食事として摂取される脂肪の大半はTG(トリグリセライド)で、肝臓から脂肪組織に蓄えられ、一部はエネルギー源として消費されます。
数値が高いと...家族性高リポ蛋白血症、高カロリー食、脂肪食、アルコール多飲、糖尿病、肥満、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、動脈硬化など
数値が低いと...無あるいは低リポ蛋白血症、甲状腺機能亢進症、肝硬変、重症肝炎など
UA
(尿酸)
核酸の構成成分であるプリン体の最終代謝産物です。
プリン体は食事や核蛋白質の崩壊から得られ、肝臓・筋肉・骨髄で尿酸が生成されます。
生成された尿酸の1/3は胆汁・腸に分泌され、2/3は尿中に排泄されます。
数値が高いと...痛風、アルコール多飲、多血症、骨髄腫、白血病、糸球体腎炎など
数値が低いと...腎尿細管障害など
BUN
(尿素窒素)
蛋白質の分解により生じたアミノ酸が種々の酵素により代謝され、最終的に肝臓で尿素に合成されます。
合成された尿素は再び使用されることなく腎臓から排泄されます。
数値が高いと...腎不全、高血圧症、痛風、悪性腫瘍、乏尿など
数値が低いと...低蛋白食、妊娠、薬剤投与、肝不全など
CRE
(クレアチニン)
筋肉の収縮エネルギー源であるクレアチンリン酸より生じたクレアチンの代謝産物で、尿中に排泄されます。
数値が高いと...種々の腎疾患による腎不全
数値が低いと...尿崩症
GLU
(血糖)
血液中のブドウ糖(グルコース)です。
インスリンやグルカゴン、甲状腺ホルモンなどにより一定の量に保たれています。
糖尿病や低血糖など、糖代謝の異常を知ることができます。
数値が高いと...糖尿病、膵臓がん、膵炎、甲状腺機能亢進症、肥満など
数値が低いと...インスリノーマ(インスリン分泌過剰)、肝硬変、肝癌、甲状腺機能低下症、過剰のインスリン注射、絶食など
Na
(ナトリウム)
細胞外液の主成分として存在し、水の分布・浸透圧の調節・酸塩基平衡の維持をつかさどっています。
血液中のNaの調節は腎臓で行われ、アルドステロンと抗利尿ホルモンが関与しています。
数値が高いと...発汗過多、尿崩症、糖尿病、高Ca血症、口渇中枢障害など
数値が低いと...腎不全、ネフローゼ症候群、心不全、肝硬変、アジソン病、利尿剤など
K
(カリウム)
細胞内液の主成分として存在し、水の分布・浸透圧の調節・酸塩基平衡の維持・筋収縮・神経伝達に重要な役割をもっています。
血液中のKは細胞内液からの流出、腎臓でのろ過・再吸収などにより変動します。
数値が高いと...腎不全、アジソン病、代謝性アシドーシス、低アルドステロン症、薬物の影響、溶血など
数値が低いと...激しい嘔吐、下痢、発汗、高アルドステロン症、クッシング症候群、利尿薬、代謝性アルカローシス、インスリン注射など
Cl
(クロール)
細胞外に主要な陰イオンでNaに伴って増減し、細胞外液の陽イオンとのバランスを保つのに重要な役割をもっています。
数値が高いと...ネフローゼ症候群、腎不全、食塩の過剰摂取など
数値が低いと...激しい嘔吐、尿崩症、食塩の摂取不足など
CRP 炎症や組織の破壊で血液中に増加します。
炎症や組織破壊の程度が大きいほど高値になり、おさまってくるとすみやかに減少するため、病態の活動度や変化、重症度をみることができます。
数値が高いと...感染症、悪性腫瘍、自己免疫疾患、組織壊死、炎症性疾患など
HbA1c 赤血球の中に含まれるヘモグロビンにブドウ糖が結合したものです。
過去約1~2ヶ月間の平均的な血糖状態が分かります。
血糖と違い、食事の影響を受けないためいつでも検査ができます。
数値が高いと...糖尿病

血液一般

名称 説明と関係する病気
白血球数
(WBC)
白血球は体内に細菌やウイルス、異物などが侵入したときの免疫反応に関わっています。
そのため体内に病原菌などが侵入して炎症が起きると骨髄でさかんに作られます。
数値が高いと...急性感染症、心筋梗塞、慢性白血病、ステロイド投与など
数値が低いと...再生不良性貧血、敗血症、悪性貧血、抗腫瘍剤の長期投与など
赤血球数
(RBC)
赤血球は骨髄で産生され、酸素を体の隅々にまで運び、不要な二酸化炭素を運び出す働きや、血液のpHを一定に保つなどの働きをもっています。
赤血球が減少すると酸素の運搬能力が低下し、逆に増えすぎると血液の流れが悪くなったりします。
数値が高いと...脱水、多血症、赤血球増加症など
数値が低いと...鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、白血病、悪性腫瘍、妊娠など
血色素量
(Hb)
赤血球の中にあるヘモグロビン(Hb)は、酸素を体内の組織に運び、二酸化炭素を受け取って肺まで運んで放出するという働きをもっています。
赤血球の数が正常でも、その中のヘモグロビンの量が十分でないと酸素運搬能力が低下してしまいます。
数値が高いと...脱水、多血症など
数値が低いと...鉄欠乏製貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血、妊娠など
ヘマトクリット値
(Ht)
血液は固体成分である血球と液体成分である血漿に分けられますが、一定量の血液の中に血球がどれくらいあるかを容積比で表したものがヘマトクリット値です。
数値が高いと...脱水、多血症など
数値が低いと...鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、再生不良性貧血など
MCV
MCH
MCHC
貧血の分類のための、赤血球指数です。
MCVはヘマトクリットを赤血球数で割ったもので、赤血球1個の大きさを示します。
MCHは血色素量を赤血球数で割ったもので、1個の赤血球に含まれるヘモグロビン量です。
MCHCは血色素量をヘマトクリットで割ったもので、1個の赤血球中に含まれるヘモグロビンの濃度です。
MCV、MCHともに低値...小球性低色素性貧血(鉄欠乏性貧血、サラセミア、鉄芽球性貧血など)
MCV、MCHともに正常...正球性正色素性貧血(溶血性貧血、急性出血、再生不良性貧血、腎性貧血、白血病など)
MCV高値、MCHも高値~正常...大球性正色素性貧血(ビタミンB12や葉酸欠乏による巨赤芽球性貧血、肝障害に伴う貧血など)
血小板数
(Plt)
血小板は出血をしたときに傷口に集まって血栓を作り、止血の働きをしています。
血小板数を調べることで、出血のしやすさや止血機能をみることができます。
数値が高いと...本態性血小板血症、慢性骨髄性白血病、鉄欠乏性貧血、出血、感染症など
数値が低いと...再生不良性貧血、急性白血病、薬剤や放射線による骨髄抑制、特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病、播種性血管内凝固症候群など

凝固・線溶検査

名称 説明と関係する病気
PT
(プロトロンビン時間)
プロトロンビンは、血液を固める作用をもつタンパク質である血液凝固因子の第Ⅱ因子です。
血液凝固には血管内(内因系)と血管外(外因系)の凝固因子がともに作用しますが、PTはそのうちの外因系の異常をみることができます。
また、凝固因子のほとんどが肝臓で作られるため肝機能の指標にもなり、プロトロンビン比(PT-INR)はワーファリンのコントロール指標としても検査されます。
延長すると...血液凝固因子欠乏(Ⅰ、Ⅱ、Ⅴ、Ⅶ、Ⅹ)、ビタミンK欠乏症、重症肝障害、播種性血管内凝固症候群、薬剤(ワーファリン、ヘパリン)の影響など
APTT
(活性化部分トロンボプラスチン時間)
トロンボプラスチンは血液凝固因子の第Ⅲ因子で、内因系の異常をみることができます。
また、PTと同じく肝機能の指標やワーファリンのコントロール指標としても検査されます。
延長すると...血液凝固因子欠乏(Ⅰ、Ⅱ、Ⅴ、Ⅷ、Ⅸ、Ⅹ、ⅩⅠ、ⅩⅡ)、ビタミンK欠乏症、重症肝障害、播種性血管内凝固症候群、薬剤(ワーファリン、ヘパリン)の影響など
フィブリノゲン フィブリノゲンは肝臓で産生され、その約80%は血漿中に、残りが組織に分布しています。血液凝固因子の第Ⅰ因子で、血液凝固の最終段階でトロンビンの作用によってフィブリンとなり血液を固まらせます。炎症によっても増加します。
数値が高いと...感染症、悪性腫瘍、ヘパリン投与中止後、脳梗塞、心筋梗塞、ネフローゼ症候群、糖尿病、妊娠など
数値が低いと...無(低)フィブリノゲン血症、播種性血管内凝固症候群、大量出血、重症肝障害、血栓溶解療法、ショックなど
トロンボテスト ビタミンK依存性の凝固因子(Ⅱ、Ⅶ、Ⅹ因子)の働きを調べる検査です。ワーファリンのコントロール状態を知るために使われます。
数値が低いと...ワーファリン投与、Ⅱ、Ⅶ、Ⅹ因子の先天欠乏症、ビタミンK欠乏、ビタミンK吸収障害、重症肝障害、播種性血管内凝固症候群

尿検査

名称 説明と関係する病気
尿蛋白 血液中の蛋白質は腎臓の糸球体で一度ろ過されますが、尿細管で再吸収されます。しかし急性腎炎やネフローゼなど腎臓に障害があると多くろ過されたり再吸収がうまくいかなかったりするため、尿中に蛋白質が出てきます。
尿ビリルビン ビリルビンはヘモグロビンが肝臓で分解されるときに作られる色素で、普通は腸内に排泄されます。しかし胆石や胆道がんなどの胆道閉塞や、肝炎などの肝機能障害で血中ビリルビンが増加すると尿中にも増加します。
尿ウロビリノーゲン 胆汁から腸へ排泄されたビリルビンから、腸内細菌により作られたものです。腸で再び吸収されて肝臓でビリルビンに戻されますが、一部は尿に排泄されるため、正常でも弱陽性となります。肝機能障害の指標となります。
尿糖 血液中のブドウ糖は腎臓の糸球体で一度ろ過されますが、尿細管で再吸収されます。しかし糖尿病などで血糖が高くなり再吸収できる量を超えてしまったり、腎臓の障害で多くろ過されてしまうと尿中に出てきます。他に過食やストレス、妊娠などでも陽性になることがあります。
尿ケトン体 糖尿病や飢餓状態などで糖をエネルギーとして利用できない場合に脂肪から脂肪酸を作り、代わりのエネルギーとします。その脂肪酸が肝臓でケトン体に変えられて尿中に出てきます。
尿潜血 腎臓の障害や、尿路系の炎症、腫瘍などにより出血しているかどうかを調べます。また、血管中で赤血球が壊れて尿中に出てきたヘモグロビン尿や、筋肉の障害で血中にミオグロビンが増加したミオグロビン尿でも陽性になります。
尿pH 通常の尿は弱酸性ですが、食事や薬剤などで容易に変化します。腎盂腎炎、膀胱炎、急性腎不全などでアルカリ性を示します。
尿比重 腎臓での尿の濃縮能の指標となります。水分の摂取量や運動などにより変化します。糖尿病や脱水、心不全などで高くなり、慢性腎炎や尿崩症などで濃縮能が低下すると低くなります。
尿沈渣 尿を遠心分離し下に沈殿した固形成分を顕微鏡で調べる検査です。腎臓・尿管・膀胱などに疾患があると、赤血球や白血球、上皮細胞や細菌などが検出されます。

生理検査

心電図 心臓の筋肉が活動する際に生じる電気的活動を記録します。
目的 不整脈や心臓の肥大、心筋梗塞や狭心症はないかを調べます。
方法 ベッドに仰向きに寝ていただき、両手首・足首と胸部に電極を付けます。
体の力を抜いて動かないようにしてください。
1分ほどで終わります。

ホルター心電図 24時間の心電図を記録します。
目的 日常生活での心電図が記録できるため、不整脈や狭心症の発作時の心電図をとらえることができます。
方法 胸部4箇所に電極を付け、小型の機械をベルトで腰に装着します。また、行動記録カードに機械をつけている間の行動と時間を記入していただきます。
機械や電極にはなるべく触らないようにしてください。
また、入浴はできません。

マスター負荷心電図 運動前後の心電図を比較します。
目的 運動により心臓に負担をかけることによって心電図の変化があるかどうか調べます。
方法 運動前の心電図を記録した後、2段の階段を1分30秒または3分昇り降りしていただき、運動後の心電図を10分ほど記録します。

エルゴメーター検査 運動中、運動後の心電図を記録します。
目的 運動により心臓に負担をかけることによって心電図の変化があるかどうか調べます。
方法 運動前の心電図を記録した後、自転車をこいでいただき、心電図と血圧を同時に記録していきます。
ペダルを徐々に重くしていき負荷をかけます。
負荷終了後も心電図を記録し続けますので、検査は全部で30分~40分ほどかかります。

脳波 脳の活動を増幅して波形を記録します。
目的 脳の活動状態を評価する指標になります。
てんかん、意識障害、脳器質的疾患、神経系の感染症、精神疾患などの診断や状態把握ができます。
方法 1cmほどの丸い電極を頭に20個と両耳、両手にクリームで付けます。ベッドに仰向きに寝ていただき、眼を閉じて動かないように力を抜いていていただきます。
記録しながら、開閉眼や光刺激、過呼吸賦活などを行います。検査は全部で約1時間かかります。

ABR(聴性脳幹反応) 音刺激によって得られる脳幹部での電位を記録します。
音刺激から10msecの間に発生する5~7個の波形が記録されます。
目的 聴神経腫瘍、多発性硬化症や血管障害などの脳幹を侵す疾患、昏睡、脳死の判定などに用いられます。
方法 1cmほどの丸い電極を頭頂部と前額部と両耳にクリームで付けます。
ヘッドホンを着け、カチカチというクリック音を聞いていただきます。10~20分ほどかかる検査です。

重心動揺検査 体のふらつき度合いを調べる検査です。体の揺れの速さ・方向・集中度合いなどを解析します。
目的 めまいや平衡感覚障害を客観的に評価します。
方法 水平な台に足を揃えてまっすぐ乗っていただき、30秒ずつ開眼と閉眼の記録をとります。

聴力検査 聴力を調べる検査です。
目的 聞こえの程度が正常か、どの音域にどの程度の聞こえの悪さがあるかを判定します。
方法 ヘッドホンからいろいろな高さの音がいろいろな強さで聞こえますので、音が聞こえている間スイッチを押していただきます。
10~20分で終わります。

神経伝導速度 手足の神経を刺激し、その刺激が神経の中を伝わる速さを調べます。
目的 末梢神経障害の有無や障害部位を診断できます。
方法 手、または足に電極を付け、目的の神経に電気刺激を加えます。それにより得られた波形から伝導速度を測ります。刺激のため少し痛みを感じる検査です。30分ほどかかります。

心エコー検査 胸部から超音波をあて、その反射により心臓の画像を描出します。
目的 心臓の形態、性状、動き、弁の逆流や狭窄の有無などを調べます。
方法 体の左側を下にしてベッドに寝ていただき、胸部にゼリーを塗って超音波を出すプローブをあてます。
超音波は人体への害は全くありません。
30分ほどかかります。

頚動脈エコー検査 頚部に超音波をあて、その反射により頚動脈の画像を描出します。
目的 頚動脈の狭窄の程度や動脈硬化の程度を調べます。
方法 頚動脈の狭窄の程度や動脈硬化の程度を調べます。
方法:ベッドに寝ていただき、頚部にゼリーを塗って超音波を出すプローブをあてます。
30分ほどかかります。