めまい

めまい

外来をやっていると、めまいの患者さんは頭痛についで多い印象を受けます。
めまいの症状は特にはじめて経験する方にとってはショッキングで、このまま死ぬのではといった恐怖感を持つ方が多いのですが、9割がたはしばらくしたら治まって何事もなかったように日常生活に復帰されます。残りの1割くらいの中に脳の病気が隠されていることがありますので、大丈夫なめまいかそうでないかを鑑別することが重要です。

回転性のめまい

回転性のめまいを起こしている方の目を見ると眼振といって目玉がすばやく動いていることがあります。 左右に規則的に動いているときは内耳の中の三半規管や前庭の機能低下によることが多いのであわてなくても大丈夫です。 これが垂直に、すなわち縦に動いていたり不規則な動きをしている場合は要注意です。脳幹や小脳に出血などの病変があるかもしれません。

回転性のめまいと一緒に耳鳴りがある場合はメニエール病や、内耳の神経の腫瘍などが考えられます。急に耳が聞こえなくなったら突発性難聴かもしれません。突発性難聴が疑われたら、急いで受診してください。

揺れるめまい

揺れるめまいと気が遠くなるような症状が合わさった時は脳幹を養う血行に問題があるかもしれません。
MRA(磁石を使った機械による血管撮影、無害です)で脳の血管を調べましょう。もちろん、手足の麻痺や言葉が出にくいなどの症状を伴っているときはすぐに検査をして原因を突き止める必要があります。

肩こりや頭痛、首の痛みを伴った揺れるめまいの場合、意外ですがストレスや過労が原因で起きている場合があります。診断がつけば、その原因を取り払ってすっきり治ることもありますので受診してみてください。

その他

回転性か揺れるタイプかにかかわらず、片方の手足のしびれ、口のまわりが片側だけしびれる、ものがダブって見えるといった症状をともなっためまいも危険ですのですぐおいでください。