脳卒中

脳卒中

脳卒中という言葉は「突然悪い風に当たって倒れる」という意味で、脳の血管障害のために程度の差こそあれ意識障害、麻痺などを来す疾患の総称を指します。
そして脳卒中は3大死因のひとつでありかつ総医療費に占める割合も多い疾患で、高血圧、糖尿病、心臓疾患などの予備軍を含めるとその背景人口は約1200万人にものぼると言われています。
これは国民健康上大きな問題と言えます。

脳卒中の分類

  • 脳梗塞症・・・脳の血管が詰まってそこより先に血液が供給されないことにより脳組織が不可逆的に障害を受ける(脳の神経細胞が死んでしまう)
    さらに次のように分類されます。
    • 脳血栓症・・・動脈硬化により脳血管が徐々に狭窄していくもの
    • 脳塞栓症・・・臓内血栓(血の塊)などが血流に乗って脳の血管を詰めてしまうもの
  • 脳内出血、クモ膜下出血 ...血管が破れることにより発症(いわゆる切れるタイプ)しその出血部位の違いによりどちらかに分けられます。
脳ドックで分かること 脳ドックで分かること

いずれの疾患もひとたび発症すると強い機能障害を残すのみならず生命の危険にさらされることも決して稀ではないため注意が必要です。

脳卒中については予防やリハビリテーションが重要であることはもちろんですが、不幸にも発症したとしても、迅速な緊急対応と専門的な治療という正しい対応により治せる部分が大幅に広がったことは注目に値すると思われます。

私たちは脳神経外科医として24時間日時を選ばず手術対応を可能としつつ、その一方で予防医学を含めた脳卒中内科医としてのアフターケアーも行っています。

どのような点に注意していけばいいのでしょうか?

やはり発症前の予防が重要であることに変わりはありません。
脳卒中の既往、高血圧、糖尿病、高脂血や心房細動、心弁膜症などの心疾患を指摘されている等の方々は注意が大切です。
特に心房細動は高率に脳塞栓を起こす可能性が高くこれに対しては抗凝固療法が有効とされています。

「クモ膜下出血」の原因のほとんどが、脳の血管に動脈瘤と言われるコブができそしてそれが破裂することにより発症します。 この動脈瘤は人口の1-2%の割合で認め、決して少なくない数字と考えられますが、無論このすべての動脈瘤が破裂するわけではありませんが(クモ膜下出血は人口10万人あたり15―20人程度です)、家族・親族に「クモ膜下出血」を起こされた人がいる方や、高血圧症ならびに喫煙をされている方などは破裂するリスクも若干高い傾向があります。
でも心配はご無用です。近年MRI,MRAの発展により非侵襲的(全く痛みがない)にこの動脈瘤を発見することが可能となり、破裂する前にこの動脈瘤を処置できれば「クモ膜下出血」を回避することができるのです。

今後の皆様方の健康そして質のある生活について我々と一緒に考えていかれてもそろそろ良い時期なのではないでしょうか?