北原茂実のメッセージ

-愛と気骨のある医者に、成功は必ず訪れる-

やりたい事に優先順位をつけて、まず覚悟を決めよう。 それだけで大抵の事は出来る!

今の日本は、若い医師にとって自由なようでいて、実は不自由な時代です。

医局という元締めがなくなった代わりに、「すべては自分の責任」という事実が誰にも平等に突きつけられ、言い訳ができない分、かえって息苦しさを感じている人も多いのではないでしょうか?

救命救急や外科・産科など医師として身につけたい基本技術はぜひ学びたいものの、それを一生続けられるような環境は、まずない。勤務医不足で病院という病院はみな悲鳴を上げている状態で、責任ばかりを問われる医療現場から先輩たちが立ち去るのを見れば、自分の行く末を考えられなくなってしまうのも無理はありません。

流行の開業も、そろそろ飽和状態。昔のように医師免許さえ持っていれば食いっぱぐれのない時代は過ぎ去ったと言っていいでしょう。

では、今後いったいどういう医者人生を送りたいのか?迷うところですよね。

私の考えるところ、腕も知識も、そして覚悟を決めて事に当たる強さも持ち合わせている医師は、これまでと何ら変わることなく、世間で言うところの成功を必ずや収めることに疑いの余地はありません。

そこに至るまでの修練は、残念ながら避けて通ることはできず、医療全体を締め付ける経済環境や、不備だらけの法的環境はそう簡単には解決されない状況の中での修行は決して楽なものではないでしょう。以前に比し厳しい面があることは認めます。

しかし、現状に文句ばかり言っていても成功は向こうからやってくるわけではないのです。この道と決めたら進むしかない。それは今も昔も同じこと。言わせてもらえば、こと初期研修環境については、今の人たちはかなり甘やかされていて、かえって気の毒なくらいです。

その後数年はそれなりの身分とある程度の収入が保証されているなら、つべこべ言わずにとにかくちゃんと働きしっかり学べと言いたい。この辺りは異論のある人もいるでしょうが、自分や家族が病気になったとき、かかりたい医者は理屈だけの無能医者ではないでしょう?美容に詳しい医者がいくら増えたって、その人たちに命を預けることができますか?

能力も可能性も生かしてナンボ

では、ほぼひとり立ちできる段階まで来た医師は、今後どうすればいいか?

まず、己の力を存分に発揮できる舞台を探すことです。私は自分とその仲間の作ったこの病院がそうであると信じていますが、もちろん他にもその舞台はたくさんあることでしょう。

そこで、とにかく自分を出し惜しみせず、力の限りを出し切るのです。それは、倒れるまで働けという意味とは、まったく違います。出し切るとは、知恵や、(患者さんや仲間に対する)愛、そして一人前の医者として人をひっぱる魅力を指します。

不思議なもので、楽な道、楽な生き方のみを追求していくと、そういう人は必ずといっていいほど何十年か後に会ってみると不遇です。一つ言えるのは、そういうラク好きな人たちが集まれば、今度はお互いが仕事のマイナス部分を押し付け合い、マイナス感情のやりとりがなされるということです。

極論すると、怠け者・自己利益追求者に魅力のある人はいないので、類はともを呼んでしまうのでしょう。

せっかく数々の難関を乗り越え、一人前の医師になったのに、イヤな人間関係の中でラクだけど不幸な人生を送るなんて辛くないですか?

安心と安定だけ求めて、国内で拗ねているだけで何になる

さて、ここからが本題です。

自分を生かす舞台は、何も国内だけとは限りません。当法人では医療の海外展開を、本気で目論んでいます。こう聞いて違和感を覚える方は、永年の医局・厚労省支配に洗脳された方です。

実は、アジアで医療を鎖国化しているのは日本だけです。タイ・インド・シンガポールではすでに大勢の医療人が外貨を稼いでおり、日本でも医療以外の分野に関してはどの産業もグローバル化の波を必死に捕らえ、世界に挑んでいるでしょう?街には外国人があふれているのに、医療だけが特別だと考えるほうがおかしいのではないでしょうか?

ひとくちに医療の輸出と言っても、その可能性は無限です。今、われわれが手をつけたのは在留邦人用の医療ですが、これは語学を必要としないので、一人前の医師であればどなたでも活躍していただける分野です。

その他にも、当法人が夢をかけているプロジェクトは国内外を問わず盛りだくさん!

国民皆保険が、2,3年以内に崩壊することが現実になってきた今、その後の医療業界地図は大きく変わります。今の制度下では、利益を上げるにはひたすら節約しかない病院業界も、本格的自由化、国際化の時代を迎えればその経営環境は一変するでしょう。

その時こそ、優秀な人材とベンチャースピリットを持った病院が花開くときです。

同じ医者人生を生きるなら楽しいほうがいいじゃないですか。自分の可能性を信じ、真っ向勝負を挑むからこそ人生は楽しいんです。そういう人間が集まると、案外簡単に夢が現実となります。

14年前、無から作り上げた当院の今をぜひ見に来てください。

そして、これからの自分と当法人に少しでも接点を見出せる方なら、まずは夢をともに語り合いましょう。