両立支援制度

両立支援制度

 当院は現在、財団法人21世紀職業財団より「職場風土改革促進事業 実施事業主」の指定を受け、職員が家庭と仕事を両立しやすくなるよう、職場環境の整備に取り組んでいます。
 少子高齢化対策として「次世代育成支援対策推進法」が制定され、出産後も安心して働ける環境作りが企業に求められています。
 当院でも、子育て期の職員が多くいる中、出産を理由に退職することは貴重な人材の流出と捉え、出産後も安心して働くことが出来る環境作りに取り組んでいる次第です。

 2011年度は3年目の取り組みとなり、産休・育休者を対象に新しく情報提供システムの構築や、就業規則の改訂などを取組事項として盛り込んでいます。
 具体的には休業者に対し、復職時の不安を取り除く為、自宅からでも法人の状況(人事、経営方針、マニュアル改訂など)が分かるよう、インターネットを経由した情報提供のシステムを構築します。また、育児短時間勤務・フレックスタイム制などを、法を上回る制度で利用ができるよう、可能な範囲で就業規則を見直しています。管理者層への理解も深める為、研修も予定しています。

今年度は上記のような改革を進め、より働きやすい職場環境を整備してまいります。

医療法人社団KNI 北原国際病院

理事長 北原 茂実