医療安全対策指針

第1条 医療安全管理に対する基本的な考え方

 事故のない安全な医療を提供していくために、医療従事者一人ひとりが危機意識を持ち、最大限の注意を払いながら日々の患者の診療にあたる必要がある。
 しかし、「人間であれば誰でもエラーを犯す」ものであり、ここの医療従事者に対し、単に注意を喚起し完璧なパフォーマンスを期待するだけの事故防止対策には限界がある。
真の事故防止には「エラーは起こる」という前提に基づきエラーを誘発しない環境や起こったエラーが事故に発展しないシステムを組織全体として整備していく必要がある。発生した医療事故に対して当事者の処分のみで済ませることなく、その事故を教訓として再発防止に生かせるような組織的学習メカニズムを院内に持つ必要がある。  当院の安全管理体制の基本的なプロセスは以下の通りである。
(1) アクシデントやインシデントに関する情報を収集する
(2) 具体的な事故防止対策につながる分析を行う
(3) 事故防止対策の企画・実施を行う
(4) 現場にタイムリーにフィードバックする

第2条 医療に係る安全管理の体制

 当病院では、医療の提供に際し、安全を確保し未然に事故を防止することが当然の責務であることを踏まえ、次の委員会等を設置し、医療に係る安全管理の体制を整えている。
(1) リスクマネージメント委員会は、病院全体として各部門の壁を越えて医療事故防止・医療の安全性の向上に関する各種の重要事項を審議し決定する機関である。具体的には「リスクマネージメント委員会規定」に沿って活動される。
(2) リスクマネージメント委員(リスクマネージャー)は、所属する部署のインシデント情報を把握し報告する。     また、医療に係る安全管理に関する事項について、所属職員に周知徹底を図る。

第3条 研修に関する基本方

 病院関係職員の医療に係る安全管理に関する意識の高揚及び医療の質の向上を図るため、医療安全管理に研修を年2回以上実施する。

第4条 事故発生時の対応に関する基本方針

 医療事故あるいは事故の疑いのある事態が発生した場合は、病院全体の組織として判断を行い、医療行為の倫理性、透明性を確保し、迅速かつ適切な対応を行う。また、医療事故等発生時には、医療上の最善の処置を講ずることはもとより、病院長への報告、患者様及び家族等への説明等、誠意をもって対応するとともに、公表にあたっては、患者様等のプライバシー保護に十分配慮する。

第5条 医療に係る安全確保の改善方策に関する基本方針

 医療事故を防止するために、当事者及び該当部署は発生したインシデント・アクシデントの対策案を作成し実施する。リスクマネージメント委員会においても必要な項目に関しての原因の分析・改善策について検討を行う。対策案・改善案などはイントラネットにより職員に周知される。

第6条 指針の閲覧に関する基本方針

 患者様が安心して医療を受けられるために、当院の「医療安全管理のための指針」について、指針の趣旨とその内容を当院HPに公開し、閲覧に供するものとする。

第7条 患者様・ご家族様への対応に関する基本方針

 患者様及びご家族様に対しては誠意を持って事故の説明などを行う。患者様に対し重大事故(主治医・リスク委員会委員長がレベル4以上のアクシデントと判断したケース、またはレベルは低いが重大な事故につながると判断したケース)が発生した場合は、リスク委員長が速やかに患者様のご家族(基本はキーパーソンになっている方)に連絡をとる。患者様及びご家族への対応は基本的に、①リスクマネージメント委員長、②院長、③事務長が行なう。ただし、必要に応じて他職員が加わることもある。

第8条 その他医療安全の推進のために必要な基本方針

 医療の安全管理を推進するため、随時「医療安全管理マニュアル」の見直しを図り、 新しい情報を提供する。また、医薬品等の管理体制の強化を図る。