2003-05-01:PTジャーナル
電子カルテ委員もつとめる理学療法士の米山、倉田の投稿で、当院のIT化への取り組みが掲載されました。
当院では2000年より、オーダーリングシステム、イントラネット、電子メールを開始し、2002年にはバーコードを使用したリスクマネージメントシステム、汎用ソフトでの職員による手作り電子カルテを開始いたしました。リスクマネージメントシステムは患者のみならず、職員も事故から守り、データは自動的に集積されますので、記録や集計を行なう作業も大幅に短縮させる事が可能になりました。また、手作り電子カルテは汎用のアプリケー

-戻るー