2003-04-01:ナーシングカレッジ
これからの時代、看護師の役割は急激に変わっていく
ワイド特集「これからの時代、看護師の役割は急激に変わっていく」にて、北原理事長が「このままでは看護師はいらない職業になってしまうでしょう」と警告しています。
かつては医師の補助的な役割の大半を看護師が担っていましたが、レントゲンの登場以来は他の専門職も登場し、看護師の役割はどんどん奪われてきました。
最近では救急救命士に気管挿管を認めようという動きもあり、看護師は挿管ができないので救急救命士の方が偉いのか?という話にもなりかねない時代になってきています。

-戻るー