2003-02-01:ナーシングカレッジ
クリニカル・フロント「いま、臨床にある課題」
クリニカル・フロント「いま、臨床にある課題」 コーナーの脳卒中患者の最新治療と看護の基本特集にて北原理事長が脳卒中の種類別の病態・治療法・看護について述べました。
脳卒中には大きく分けて、脳出血、くも膜下出血、脳梗塞の3通りがあり原因や治療法も異なってきます。
看護師の役割については当院のアドバンストナースである森口看護師が発症ごの手術までの時間の大切さや後遺症を残さないのうに気を配る点などについて述べています。
急性期のリハビリは発症後、早期に始めるほど効果が高いとされており、当院でも円滑にリハビリが行

-戻るー