2007-03-14:メディカルシンポジウム
医療の未来、日本の未来
「なぜ日本では高度先端医療が遅れているのか?」というテーマのシンポジウムに菅原副院長がパネリストとして参加。
医療を輸出産業に育てる事で、財源不足を解消し、労働環境を改善できるのでは?という切り口で議論を展開しました。

-戻るー