2005-08-08:経営システム
「日本の医療供給体制を崩壊から救うために」というタイトルの北原理事長の論文が掲載されました。

その中で日本の医療を崩壊する要因は、①財源不足、②医療の高コスト体質、③日本の経済状況に見合った高いニーズに応えていない医療の実態であると述べています。

日本の医療を救うには、医療の自由化、医療を輸出産業に育て財源を確保する事、コストの削減を実践する必要があり、これらへの当院の取り組みも紹介されました。

-戻るー